木の温もりに彩られたゆとりあるシックな住まい

3年かけて新居の計画を練ったTさま。5歳の長女と4歳の長男の小学校入学前に暮らしの拠点を固めたいという夢を実現されました。

大前提として「家族がつながって暮らせる間取りを希望しました」と夫の隆幸さん。キッチンやリビングから1階全体を一望でき、ワイドな掃き出し窓越しに、子どもたちや愛犬のブランちゃんが庭で遊んでいるのを見守ることができます。
2階のバルコニーがちょうど良い日陰を作るテラスは、夏場にプール遊びをするのにもぴったりです。

ギャラリー

太陽光パネル
外観
リビング
リビング

外観は大好きな白を基調とした重厚感のあるシルエット。一方、インテリアは木を多く用いて、シンプルで温かみのあるテイストを希望されました。玄関からLDに入って正面に見えるFIX窓を木製のティンバーが縁取り、庭の緑と相まって、山荘のような雰囲気を醸しています。 1階全体をシックなブラックチェリーの床材と白い壁でコーディネート。シルバーのキッチンと黒の家具が空間を引き締めます。ダイニングテーブルの上に4つ並んだペンダントライトがきらりと光り、華やぎを添えています。